小麦製品に変わる美味しい食材

グルテン(小麦製品)を摂取するのは体に良くないことが近年になって判明してきました。

健康はもちろんですが、美容の観点から見てもポッコリお腹や肌トラブルまで原因がハッキリしない不調は食生活にあるといっても過言ではなく。

麦の種類によってグルテン含有量が違いますが、一番多いのは小麦。

大麦、ライ麦、オーツ麦は少量含まれます。

ハト麦やアワ、キビはグルテンフリーですが、製造元で小麦が混ざることがあるため、グルテンフリーの表示があるか確認が必須。

スーパーに行くと豊富なグルテンフリーの粉末が手に入りますよ。

米粉は天ぷらや手作りパンなどに、他にも玄米粉、そば粉、タピオカ粉、大豆粉、おからパウダー、ココナッツパウダーは簡単に手に入ります。

さらに、米粉でできたパン粉というのもあるのでとんかつなどの揚げ物も小麦粉なしで美味しく調理することができます。

グルテンがないと確かにモチモチ感に欠けますが、そういう時はタピオカ粉を入れるとパンもドーナッツもモチモチになりますよ。

また、パスタなどの麺類も今や続々とグルテンフリーが発売されてますし、ビーフンやフォー、春雨などは麺の代用になるので、
料理に関しては問題なく簡単に切り替えられそうではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です